手形や当座口座を持たない場合の融資についても学べる金融情報

>

手形や当座口座がなくても融資は受けられる

約束手形や為替手形といった資産価値のある証書や、当座預金口座のような社会的な信用を担保できるだけでなく預金の全額を保証される口座があります。
現金に近しい資産であることに加え、社会的な信用も一定以上確保されることから、手形は物的担保として当座預金口座は信用の担保として、それぞれ融資に際してのプラスの判断材料として働きます。

このように、約束手形や為替手形は資産の担保として、当座預金口座は信用の担保として有力であることから融資を受ける際に有利に働くことは確かです。
手形の発行には当座預金口座が必要となる上、当座預金口座は事業者向けの口座であるため開設自体が難しく、個人での開設はほとんど不可能です。
手形や当座預金口座無しで融資が受けられないのでは、個人が融資を受けること自体不可能になってしまいますので、融資を受けるに当たり、手形と当座個人口座が必須というわけではないのです。

担保になるのは手形と当座口座だけじゃない

資産的な担保としては手形が、信用的な担保としては当座預金口座が有力であることは間違いありません。
手形と当座預金口座以外に資産的な担保や信用的な担保がないと、個人だけでなく、個人事業主や中小事業者といった事業者が融資を受ける場合にも手形や当座預金口座がないと融資が受けられません。
金融機関による審査を全ての事業主が通過できるはずもありませんので、当然、手形や当座預金口座に変わって担保となるものが必要です。

物的担保、つまり担保となる資産としては、土地や建物のような不動産、株式や公債、社債などの有価証券、自動車や船舶、航空機に加え家畜などの動産、預金や損害保険金、売掛金を含む指名債権といったものが挙げられます。
借金の代位返済を担う借金の保証人が人的担保として挙げられます。


手形や当座口座を持たない場合の融資

この記事をシェアする