手形や当座口座を持たない場合の融資についても学べる金融情報

>

普通預金口座と当座預金口座の違い

普通預金口座は個人や法人を問わず、一般に利用される口座で個人でも法人でも開設することができる基本的な口座です。
ATMを利用できる上、口座に現金を預けておけば利息がつくなど自由度の高さが特徴的な口座です。

対して当座預金口座の場合、即座に現金化可能な証書である小切手や設定された期日以降に支払いを約した証書である手形などの決済に際し用いられる口座です。
事業用の利用を前提とした口座であることから、開設には金融機関の審査を受けなければならず、当座預金口座を開設できた時点で、金融機関の審査を通過できたことを意味します。
少なくとも事業者としてみれば、一定以上の社会的な信用が担保できたと言っても過言ではありません。

融資の際の当座口座のメリット・デメリット

利便性において当座預金口座は普通預金口座には到底及びません。
預けた現金の利息を受けることもATMの利用もかないませんが、そもそも当座預金口座の強みは口座としての利便性ではありません。

融資において当座預金口座を介するメリットとして、当座預金口座を開設できたという事実に基づく社会的な信用を得られる点や、金融機関の破綻に際しても預けた現金が全額保証される点が挙げられます。
当座預金口座を介した場合、現金での直接的な取引ができず、絶対に小切手や手形を介さなければならないという不便さに加え、二回不渡りを出してしまえば銀行との取引を完全に停止されてしまい、実質的に倒産になってしまうなどのデメリットも挙げられるでしょう。


当座口座を持っている場合においての融資

この記事をシェアする