手形や当座口座を持たない場合の融資についても学べる金融情報

>

手形と手形取引についての基本

手形とは設定された期日以内に取引相手との間で取り決められた金額を支払う契約を結んだことを証明する証書になります。
設定された期限内で代金を支払えば良い、つまり即金で取引を行わなくても良いことから、代金の支払いに際し、支払い側は時間的なゆとりがもてるという利点があります。

手形には購入代金の支払いを約束した支払手形、記載された期日以内の支払いを約束する約束手形、支払いを行う第三者である引受人を介しての支払いを約束する為替手形といったものがあります。
基本的に取引に用いられるのは約束手形と為替手形であり、約束手形の場合、手形の受取人と受取人が利用する銀行及び手形の振出人と振出人が利用する銀行を介して取引を行い、為替手形なら、手形の受取人と振出人を引受人が仲介する形で取引を行うわけです。

融資における手形のメリット・デメリット

手形は正式な手続きに基づき発行される支払い契約を証明した証書であり、手形の振出人となるには当座預金口座が必要となります。
金融機関からの審査を通過していることも意味しているため社会的な信用が高く、借入の形で金融機関を介することなく資金を循環させることができることが強みでしょう。

つまるところ、社会的な信用が裏打ちされた約束手形や為替手形は資産としての価値を有していると言え、金融機関等から融資を受ける際に担保が必要となる場合においても資産と見做されることから、資金同様に扱える資産価値を持っているというメリットがあります。
手形を発行する際に印紙代が生じ、印紙代が決して安価ではないことに加え、支払い期日以内に当座預金口座へ代金を振り込んでいないと不渡りが発生します。
端的に言えば銀行業界全体からの信用が大きく損なわれ、不渡りを繰り返すと銀行取引停止処分を受けることになります。


手形や当座口座とそれ以外の担保の安定性比較

この記事をシェアする