手形や当座口座を持たない場合の融資についても学べる金融情報

手形や当座口座とそれ以外の担保の安定性比較

手形の中でも約束手形や為替手形は資産としての価値を有しており、金融機関等から融資を受けるに当たっての担保たり得る資産で、担保としての価値が高いというメリットがあります。その反面、手形を発行する際に印紙代が生じる上、不渡りが発生した場合、不渡りを繰り返すと銀行取引停止処分を受けることになるでしょう。

当座口座を持っている場合においての融資

即座に現金化可能な証書である小切手や、設定期日以降の支払いを約した証書である手形などの決済に利用される当座預金口座は、開設に金融機関の審査を通らなければなりません。個人だけでなく、個人事業主や中小事業者などの事業者にとって開設が難しい分、融資に際し、信用の担保としても機能します。

手形や当座口座を持たない場合の融資

手形や当座預金口座は融資を受ける場合の有力な担保です。担保となる資産にはこれ以外にも、土地や建物などの不動産、株式や公債、社債といった有価証券、自動車や船舶、航空機に加え家畜のような動産、預金や損害保険金、売掛金を含む指名債権といったものがあるため、融資に必須というわけではありません。

手形を持っている場合における融資

手形や当座預金口座を担保に融資を受ける場合、手形を発行できる振出人になるためには当座預金口座を開設しなければなりません。
個人はもちろん、個人事業主や中小事業者といった事業従事者であっても、金融機関の審査を通過する必要がある当座預金口座の開設は容易なことではなく、手形の発行や当座預金口座の開設が難しい分、手形を発行でき、当座預金口座を持っていることは、物的担保として十分な価値を持ちます。
社会的な信用も得られる他、当座預金口座が金融機関の経営状態に関係なく全額保証される性質上、当座預金口座から支払われる手形も含め、担保としての安定性が非常に高いことから、融資において有利に働くことは間違いありません。

では、他の担保の安定性はどのようになっているかというと、物的担保の代表格とも言える不動産の場合、ある程度は安定しているものの、長期的には日経平均株価の変動に影響を受けます。
有価証券は日経平均株価の影響に直接的に晒され、動産も日経平均株価の影響を避けえないなど、大半が担保としての安定性に欠けます。
指名債権に限っては現金化可能な資産としては現金や現金に準ずるものであることもあって、担保として高い安定性を誇ります。

実際、融資に際しては指名債権が担保とされることが多く、融資における担保は基本的に指名債権が大多数を占め、手形や当座預金口座のような制約もないため、個人や個人事業主、中小事業者が融資を受ける場合の担保としては指名債権が現実的なものでしょう。